新居に似合うお気に入りのソファー

我が家には、オフホワイトの革張りのソファーがあります。これは、何通りもの形、革、素材の中から主人と厳選しました。一生モノでいてほしいなという気持ちを込めて、奮発して購入しました。お茶会や、夜のリラックスタイムでのんびりと使いたいなーと思い描いていたのですが、やはり小さい子どもがいると、夢のような話になりますね。あるときは、こどものつかまり立ちの支えになりました。次のステップでは、よじ登るという全身運動の手助けをしてくれました。小走りできるようになると、ソファーに向かってダッシュしだしました。そのうち、登ってジャンプしだすんでしょうか。一番使用頻度が高く、ときにくつろいでもいるのです。なんだか悔しいのですが、この子はソファーと共に大きくなっていくんだなぁと思うと、それもいい使い方だなぁと思います。これからも、よろしくおねがいしますね。そして、もう少し子育てが落ち着いたらゆっくり腰掛けさせてもらうことにしましょう。

新居に似合うお気に入りのソファー

ソファー選びで重要なポイントとは

ソファーを購入する前にサイズの確認はすると思います。置けないサイズではお話にならないですから。置けるサイズは大抵の方が確認すると思いますが、人の動線まで考える方は案外少ないように思います。例えば置こうと思っている位置の近くにドアがあったり、引き出しがあったりする場合、邪魔にならないようにするべきだと思います。またテーブルまでにある程度の間隔を持たせる必要があると言えると思います。それらを考慮すると余裕のもった配置が必要となってくると言えます。買ってから後悔するよりも、買う前にシュミレーションをしてみると良いと思います。例えばソファーと同じ大きさの紙を敷いてみてイメージするのも良いと思います。私の場合は布団をソファーに見立ててシュミレーションしてみました。買おうと思っていた大きさでは動線に影響することがわかり一回り小さいものを購入しました。

ソファーにカバーをかけて

ママ友の家にいくとソファーに座って会話するということがほとんどです。子供も小さいですから汚さないかと気を払いながらだったりします。我が家にあるものよりも高価なものだと一目でわかるだけに気をつけています。子供が小さい時はソファーの手入れが簡単なものの方がいいのではと思うことが多々あります。逆にうちに来てもらった時に気を使わせているのではとおもったこともあります。小さい子持ちですからお互い様ではありますが、汚されたくないのです。そこで私は洗えるカバーを購入しました。ソファーを保護するだけでなく、汚されてもこれなら安心と思えるようになり気軽にママ友を呼べるようになりました。今回はカバーを買いましたが、子どもを幼稚園に預けられるようになったら自分で手作りして楽しみたいなと思っています。生地を買って作ってそれをママ友に見てもらって褒めてもらってと思い描いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*